生え際後退.com

ハゲる理由とは?

■喫煙とハゲの関係

タバコを吸うことで体内では血行が悪くなります。血行が悪化すると、毛母細胞に必要な栄養が十分に行き渡らなくなりますので、喫煙は薄毛や脱毛と大きく関係していることになります。

発毛に必要な栄養素には、良質なたんぱく質の他に、摂取したたんぱく質の代謝を促進させたり、過剰な皮脂の分泌を抑制し、頭皮の新陳代謝を促進させたりするビタミンB群や、毛髪の主成分であるケラチン(たんぱく質)の合成を促進させる亜鉛などのミネラル、頭皮を健康に保つビタミンA、血管壁や頭皮を丈夫にするビタミンC、血流を促進させるビタミンEなどがあります。

食事などで摂取したこれらの栄養素は、毛細血管から毛母細胞まで運ばれ、吸収されます。十分な栄養素を吸収した毛母細胞は、細胞と分裂を繰り返しながら、毛髪をつくりますが、喫煙によって血行が悪くなった状態では、せっかく摂取した栄養素が毛母細胞まで運ばれず、発毛を阻害して脱毛を促進させます。

また、喫煙をすると、毛細血管が萎縮してしまい、血流量が減少して血行を悪化させる他に、ニコチンは体内のビタミンCを破壊する作用を持っていて、その種類にもよりますが、一般にタバコ1本で25mgのビタミンCが破壊されるといわれています。更に、喫煙によって血中に取り込まれた一酸化炭素は、血中を酸欠状態にして毛母細胞の働きを弱めてしまいます。これらのことからも、喫煙はハゲを促進させる大きな要因となることがわかっています。

この他にも、海外では喫煙がDHT(ジヒドロテストステロン)など脱毛の原因となる男性ホルモンを増加させるという研究結果も発表されています。頭皮・毛髪の発育を阻害する以外にも、身体に様々な悪影響を及ぼす喫煙は控えた方が良いといえます。

[リンク]ビル管理会社の求人探しはこのランキングから!





▲このページの上部へ
Copyright (C) 2010-2014 生え際後退.com- All Rights Reserved.