生え際後退.com

ハゲる理由とは?

■アルコールとハゲの関係

適量のアルコールは、血行を促進させたり、ストレスの発散にもつながる場合があるため、毛母細胞の働きを活性化させますが、過度のアルコール摂取は、この良い働きかけを台無しにします。

摂取したアルコールは、20%くらいの量がそのままの形で尿や汗となって体外へ排泄されますが、残りは肝臓でアルコール分解酵素によってアセトアルデヒドに分解され、更に酢酸に分解されたものが、全身に運ばれて筋肉や脂肪組織で二酸化炭素と水にまで分解された後、呼気や尿となって体外へ排泄されますが、過度に摂取するとその働きが鈍くなり、摂取したアルコール量に必要な代謝に追いつかなくなり、十分に分解されなくなります。

肝臓は、摂取した栄養分の分解、合成、解毒、貯蔵や消化を助ける胆汁の生産などの働きを行う人体の健康を司る大切な器官です。この中でも、摂取した栄養分の分解は、肝臓における最も重要な働きの一つです。例えば、健康な毛髪の発毛に必要なたんぱく質は、体内に摂取された後、胃や十二指腸でアミノ酸に分解され、肝臓では血中の糖の増減に合わせてブドウ糖がつくられ、また血中に送り出されることで、毛母細胞に栄養を送り届けることができます。

肝臓の働きが鈍くなると、これらの働きが十分に行われなくなり、その結果、毛母細胞に栄養が十分に行き渡らなくなり、脱毛を促進することにつながります。

また、一定量を超えたアルコールを摂取した体内では、血行が悪くなり、各細胞にも大きなダメージを与えてしまうことからも、個人差がありますが、自分に合った適量を心がけることと、肝臓の働きを阻害しないためにも、休肝日をつくることが必要といえるでしょう。一般には、大ビン一本分のビールを肝臓で分解するのに必要な時間は三時間といわれています。

[リンク]専門商社の年収は?





▲このページの上部へ
Copyright (C) 2010-2014 生え際後退.com- All Rights Reserved.